笑顔の介護を議論しよう!

なにかと暗いニュースの絶えない介護の現場に“ふわふわ笑顔”をたくさん作るための方法を考えます!

こころのマネジメント講座

優しさは悪

優しいのはとてもいいように思う。 だけど、優しさが押し付けだった途端、それは悪なのだ。

他者に興味を持つ

考えてみれば私は自分のことばかり興味を持ち、他者に興味を持つことをしてなかったと思う。 だから、実際に他者に興味を持とうと思っても興味の論点がなかなか見いだせない。 あまりに他者に関心がなかったことに気付き、そんな自分にうんざりするくらいだ…

自信のなさが不信感を生んでいる

他者との会話で私は無意識にネガティブ思考の会話をしていると思う。 それは、自分の自信のなさや相手に探りを入れようとしている傲慢な考え方に基づいていると思う。 それは、相手に不信感を生むことになるというのに・・・ もっと自信をもって会話がしたい…

今日から自己中心的なマインドにさよならします!

私はいつも考え方の中心が“自分”だ。 思えば、いつも自己開示しかしていない。 もっと他者に目を向けなければならない。 そう思うようになった。 いつまでも子どもっぽい性格ではいけない、自分を変えなければ! そう思ったときに一番自分がすべきことが、自…

人は人を傷つけ、傷つけられる

よく、「〇〇さんに酷いこと言われた」とか、 他人に傷つけられた思いをすることがたくさんあると思う。 しかし、それでは自分自身は誰かを傷つけてはいないだろうか? 人はやはり本質的に自分が大事だ。 だから、ついつい考え方が自己に向きがちだと思う。 …

“三密”“ソーシャルディスタンス”を考慮しながら外出しよう!

長期戦の外出自粛は、本当にこころを苦しめている。 元々インドア派の人も自らのメンタルヘルスケアを怠ってはならない。 休日に“三密”“ソーシャルディスタンス”を考慮した外出をして、しっかりとした気分転換が必要だ。 あるいは、“三密”“ソーシャルディス…

自粛中の遊び~英語で曲をつくってみよう!その2

面白い企画なので、第2弾をつくってみた! 英語はあいかわらずめちゃくちゃだ(笑) ↓ ↓ ↓ feel like this G F C F Do you know? Do you know? remember me do you know G F C F Do you know? Do you know? remember me do you know C G F C what are you f…

自粛中の遊び~英語で曲をつくってみよう!

私は趣味で曲をつくったりもする。 いま、コロナによる自粛の中、 わけの分からない英語で曲をつくってみよう!! 以下、歌詞とコードを書いておきます。 曲調は、・・・ご創造にお任せします(笑)(*´ω`*) ↓ ↓ ↓ What Your Happy? E GE A・・・ E You don't k…

この社会は「正解」という闇を追い求めている

色々なニュースを見ていると、何か課題に「なぜ?」という視点でふるまう風潮が多いように思う。 これは、本質的に「正解」を追い求めているからだと思う。 「なぜ」という原因論に始まり、「正解」という結果が欲しいのだ。 この論理構成は、私にはとてもつ…

気楽に気長に生きる

なんだか日々変化の渦に巻き込まれているこの世の中。 長期的なスパンを生き抜くためには、 気楽に気長に生きる ことが大事だと思う。 根を詰めてはつぶれる。 今日、なにも成果物が得られなくたっていい。 気楽に気長に・・・(*´ω`*)

利用者主体を保障するための高度なコミュニケーション術とは?

利用者主体の支援が大事なことは言うまでもないことであるが、実際に、それが実現できているかと問われれば、胸を張ってイエスとは言えないだろう。 むしろ、どれだけ改善しても100パーセント実現達成とはいかない課題なのだと思う。 だって、家族や友人、恋…

素直さは価値になる

自分をよく見せようとして物事を斜め読みしたりして、あたかも頭の良さをアピールしたりすることは、よくあることだ。 一方で、それは、どこか“言葉遊び”でしかない要素を持っていると思う。 そんなことよりもっと大切にすべきは、 私自身はどう考えたいか?…

挫折をばねにして自己肯定感を生む

自己肯定感は、時に挫折を経験することも大事だ。 例えば今日の私。さながらネット中毒。休日ほぼ一日インターネットに費やしてしまい、特に何もしなかった。 そんな日があってもいいじゃないか! こんな風に自分を慰めることも自己肯定感を作ることになると…

日々のほんの少しの成功体験とは?

例えば、同じ職場でちょっと厳しめの発言の多い人と話をして怒られなかった。 何かを教えてもらった・・・ 「えっ?それって、成功体験なの?」 と思うかもしれない。 でも、円滑に何かが進んだ時、これは実は「成功体験」なのだ! これを敏感に受け取って自…

自信のつけ方

私は基本的に自信のない人間だと思う。 根拠のない自信は自分に持っているけど、かと言って周りに自信家と思わせない。いつも謝っていたり相手の言ったことをそのまま受け止めたりしているから。 私は“根拠はないけど”自信はあるよ、というのが大事だと思う…

日常を大切にする

いつの時代もそうなのかもしれないけれど、日常を大切にする文化が日本にはあると思う。 年中行事は欠かさないし、海外からも様々な行事ごとを輸入してどこの国よりも積極的に四季を感じようとする。それが大事だ。 その日常から離脱したとき、非日常という…

日々、忘れる

忘れることは大事だ。 日々蓄積していく悩みがいつの間にか記憶からも忘れ去られていることだってある。 そんな自分をほめることが大事だ。

ドライブと音楽

子どものころ、家族で日帰りのドライブ旅行に出かけたとき、ずっと流れていたアルバムCDがとても自分の中で思い出として残っている。その音楽は今でも大好きだ。 社会人になって転勤転属で事務職に就いたとき。とても精神的につらくなっていた時期、ふらふら…

『男』という恐怖観について

『男』というのは、性役割やジェンダー論の中でたびたび“加害”的要素を内包しているように思われる。 わたしの拙い知見の中では、歴史的に見て女性が男性によって虐げられてきた失敗から、社会的性差に関する論議が勃興したと思われるのだが、それが実は今度…

ぜんざいざんまい♪

最近私は新年お正月ということで、ぜんざいをよく食べている。 今もぜんざいを食べ終わったところだ。 ぜんざいを食べて、布団に入る。 ぜんざいを食べて、You Tubeを見る。 1月っていいな(*´ω`*)

かえるの理想

かえるの理想をのぞいてみましょう。

クリスマスは『与える』日

今週のお題「クリスマス」 クリスマスになると、プレゼントを『もらう』嬉しさが強調される。 度が過ぎるとせっかくプレゼントをもらっておきながら、 「こんなの欲しくなかった」と怒ったりむなしい気持ちになってしまったりすることもある。そういえば私も…

守破離の離はジブンと向き合うことである。

以前、守破離についてコメントしたが、離の部分は自分を完成させるために今までの経験を総動員して自分と向き合い自我を統合させる段階なのではないかと感じている。 私は法律学を学び、現在福祉の分野で働く身として、実は心の中で、 ミュージシャンになり…

わたしにマウントしようとする人

職場で働く中でマウントしようとする人っていないだろうか? わたしのところにはそんな人がいて正直悩まされる。 自分のほうが優位に立とうとするのが、発言の節々から伝わってくるのである。 それでも仕事ができる人であれば大目に見ることもできるだろうが…

卑怯な男たちよ!

色々な男と話をしてきたが、たいがいの男というのは卑怯だ。 自分の仕事は棚に上げ、他者への批判、見下しは止むことがない。 本当に最低だ。 ただ、卑怯でない男も確かにいる。 私はそんな男にも会ってきた。彼は色々と突っ込みどころはあるが、尊敬できる…

親と子の関係について

先日、親と口喧嘩をしてしまった。 正直、30歳にもなって親と喧嘩とは情けない思いである。 しかし、親はいつまでたっても親という意識がずっと備わっているのだろう。いまだに子ども扱いである。 しかし、子ども扱いを受けないといけないような行為をして…

体調を崩しました( ノД`)シクシク…

私はよく体調を崩す。 かく言う今も絶賛体調不良中だ。 こころとからだは連動している。 だから、何も考えず今はひたすら食べることと寝ることに徹している。 それにしても、休みの日に限って体調を崩すことが多いのはつらい。

コミュニケーションをもつことは後悔の連続だけど・・・

誰かとコミュニケーションをもつと何か重大なことでなくても後悔することがでてくる。それで、家に帰ってから大いに悩む。私は、その連続だ。 ただ、この後悔は決してネガティブなものではない。 後悔は、自分が成長するための栄養だ。 そう常に心に訴えてい…

働き方について~私が目指すワタシとは?~

人が生きていくうえで、ひとつ大切と思われるものの一つに、その人自身の“キャラづけ”があるように思う。 さて、私はいったいどうなりたいのか? ひとつに私は、“働き方”について興味がある。 人の行動についての処方箋を考えてみたい。 科学的か非科学的か…

ウクレレでこころを癒す

プロフィールにもあるとおり、私は趣味としてウクレレを時々する。 最近、セブンスサスフォー(だったと思う)をよくフレーズに取り込むのにはまっている。これを入れるととりあえずなんだかかっこよく音楽をやってる感がある。 ギターをするときにもよくフ…